ko_3

次回の開催は2017年11月11日(土)です。
藤沢商工会館(神奈川県)で開催されます。このセミナー参加に対する認定得点は0.25点です。

(テーマ)
誰もがわかるホルモン補充療法による健康増進と更年期治療

更年期におけるHRTと運動プログラム(3回シリーズ その1)

更年期における体力の衰えの正体とは?

更年期になると体力の低下が気になり始めます。特に50歳くらいになると体力の衰えを顕著に感じられるようになります。さらに更年期障害では、それほど体を動かしていなくても激しい動悸や息切れが起こることがあります。

原因のひとつとしては、卵巣機能の低下による女性ホルモンのエストロゲンの分泌減少にあります。エストロゲンは視床下部を通して自律神経と深い関係があり、その乱れが動悸などの症状を引き起こすことになります。

その結果、体を動かすことが億劫になり運動不足な習慣へと変わっていくのです。
第1回は、自律神経から体が機能的にどう変わっていくのかということを理学療法士の視点からお伝えしていきます。

私たち理学療法士は、薬や注射を処方することはできません。できることは運動処方です。しかしただ闇雲に「運動をしてください」「1日1万歩歩いてください」では、実行していただくことは難しいです。まずお伝えしたいのは、体の変化における知識です。

なぜ体力が落ちるのか?なぜ疲れやすいのか?なぜ肩こりや腰痛が起きるのか?など、
「そういうことだったのか!」と感じられるような内容になると思います。

キーワードは、自律神経・脳・筋肉・背骨・骨盤です!

(講演者紹介)
国沢 孝弘
Vi Pro 代表、理学療法士、メンタルトレーナー
Spine Dynamics 療法 上級セラピスト

(藤沢商工会館の地図)
神奈川県藤沢市藤沢607-1

HRTを考える会の詳細と申込書をダウンロード