(注意)

  • このイベントに出席されても認定得点は加算されません。
  • このイベントは医療従事者が対象で、一般の方は入場できません。ただし、メノポーズカウセラー資格をお持ちの方は窓口でお伝えください。入場できます。
  • 事前申し込みは不要です。

第4回 関節の痛みと女性ホルモン研究会のお知らせ

関節リウマチは、発症ピークが45~55歳にあり、約50%を占めています。この時期エストロゲン低下が顕著となり、女性の自己免疫疾患が増えるように思います。更年期の関節症状で悩む方、更にリウマチ、膠原病を発症する可能性が高く悩んでいる方が多く、行き場のない状態です。この様な患者さんを無くす為にリウマチ内科、整形外科、婦人科、内分泌科医の連携の場を設け、今後の治療の発展に貢献して行きたいと存じます。

日 時:2018年3月24日(土) 17:30~20:00
場 所:TKPガーデンシティ横浜6F(地図参照:裏面)
参加費:1,000円(当日会場でお支払いください)

≪ 総合司会 ≫ 慶宮医院 院長 宮地 清光 先生

【一般演題】17:30~17:50

「関節リウマチ発症前後の治療  ~第3報~」
慶宮医院 理事長 宮地 清光先生

【特別講演】17:50~19:50

◎内科リウマチ系
「早期関節リウマチの診断と治療」
慶應義塾大学医学部 内科 講師 金子 祐子先生

◎整形外科系
「RA下肢大関節破壊の予測」
横浜市立大学総合医療センター 
リウマチ・膠原病センター 准教授 持田 勇一先生

◎婦人科系
「ホルモン補充療法の有効性と安全性
~関節症状に対する効果も考察する~」
飯田橋レディースクリニック 理事長 岡野 浩哉先生

(TKPガーデンシティ横浜の地図)
神奈川県横浜市神奈川区金港町3-1 コンカード横浜 2F

イベント詳細をダウンロード